電子情報工学科【福岡工業大学:工学部】/九州は福岡の工学部で電子情報を学ぶ

TOEICも910点以上取得の留学生|2015|福岡工業大学電子情報工学科

私たちは福岡工業大学の姉妹大学である中国南京理工大学からの留学生で,現在福岡工業大学大学院電子情報工学専攻盧研究室で勉強しています。

今年三月に、本研究室のM2の徐さん(写真中央)は非常にいい成績で卒業しました。

20150414_b.jpg


留学生として、彼女は研究といろいろな勉強がとても上手です。
日本語N1を見事に合格し、TOEICも910点以上のスコアを取りました。
素晴らしい先輩だから、私たちは彼女に見習って勉強しなければいけないと思っています。

福岡工業大学 電子情報工学科 中国人留学生


携帯端末とインターネットを用いた実用的システム開発へ|2015|福岡工業大学

私は、先生の指導のおかげで4年間、大学生活をしていきました。
今は、大学院に進学して、世の中に役にたつシステムを作れるよう努力しています。

20150414_a.jpg


具体的に、携帯端末とインターネットを用いた実用的なシステムができるよう、プログラミングとネットワークを勉強し、システム開発に取り組んでいます。

福岡工業大学 電子情報工学科 松田勇太

「自分でプログラムを作れる」という強み|2015|福岡工業大学電子情報工学科

電子情報工学科の学修領域(教育分野)として制定されているのは、電気回路・電子回路などの「回路分野」、計測制御・情報処理などの「情報分野」、そして半導体デバイスなどの「物性材料分野」の3点です。

このうち私が本学で最も学んだ分野は「情報」、特にプログラミングでした。
本学に入るまで、コンピュータを扱ったことは何度もあるけれど、プログラムを実際に作った経験は皆無でした。

しかし、本学ではプログラミング(主にC言語)に関して、専用ソフトの立ち上げ方から丁寧に指導していただきました。
その甲斐あって、今ではC言語を用いた簡単なプログラムなら自分で作成できるようになりました。

コンピュータと切っても切り離せない関係となった現代社会において、自分でプログラムを作れる、というスキルは、持っていて決して損のないものではないでしょうか。

福岡工業大学 電子情報工学科 野元弘喜